カードポイントを賢く貯める!

借りたお金が返したくても返せません

ずっと借りたままのお金を、返せなくてずっと悩んでいるのです。二年前に借りたお金です。その時は、携帯電話の料金が払えなくて困っているのを見た友人が貸してくれたのです。金額にして二万円です。ちょっと使いすぎて払えなかったのです。そのお金をずっと返していませんでした。いまだにです。ちゃんと働いているのに、こんなにもお金がありません。でも返さないと二人の仲にひびが入ってしまうでしょう。
今でも変わらず仲良くしてくれています。今でも一緒にランチをしたり、ドライブをしています。でもお金の話しはしていません。だからそのままにしておいたのです。このままではいけません。借りたものは返さないといけないのです。子供でも分かる事です。

 

キャッシング会社を紹介!
アコム
レイク
プロミス
モビット
オリックス銀行カードローン

 

誕生日のプレゼントを買ってあげたかった

私は先月会社を辞めたので、現在は職業安定所などに行って仕事を探しています。当然のごとく生活にも厳しくなってきています。生活で不要だと思える部分はカットしながら、毎日の生活費をやりくりしています。

 

ただ来月には息子の誕生日があるのです。生活費を切り詰めてお金が足りない状態だったとしても、誕生日プレゼントだけはお金を借りてでも買ってあげる必要があります。借りたお金に関しては、就職できてからすぐに返せば良いだけで、それ程大変なことではないのです。

 

そのあたりのことも踏まえて、早めに仕事を探すことに集中する事にします。誕生日や結婚式などのイベントに関しては、生活が落ち着いてからお祝いしてあげたいのですが、私の希望通りにイベントがあるわけでも無いので困るのです。

遠まわしに使うクレジット

遠まわしに使うクレジットの仕方は容易です。
クレジットで直で払えないものを直接買うのではなく、遠まわしに使ってする方がより得策です。
表現が簡素なため、まずはじめに商品券のケースを利用して述べてみようと考えます。

 

ある人が一流の服を購入したいと思案して立ち止まっています。
有名な銘柄の服を取り扱っているお店購入しようとしてもクレジットカードで払う事が出来ません。
ところがJCB、NICOSなどの金券を使用すれば買う事を許してくれるのです。

 

なので例にあげようとしている人物はカードで券を取り寄せ出来る金券カードを売っている店に足を運びカードを利用してNICOSなどののギフト券を買い付けします。

 

そうして駆使したクレジットカードを活用して取引したDiners clubなどの金券を売店に携帯して訪れ、使いたかったブランド服を買い取ったとします。
「一体どうして商品券で購入した男性はそのような手間がかかる方法をするべきなの?」と疑問に思うのかもしれませんが実は先ほど示したプロセスを運用するなら本来はつくことのないクレジットポイントが獲得できます。

 

普段通り、お金を払って有名なアクセサリーを買い取りしたりした時でもカードポイントは得られませんし、JCB、MasterCard、Diners clubなどの金券を即金で購入してから駆使してもポイントは貯まりません。
でも今説明した場合ではNICOSなどの金券をクレジットで注文したという理由で、有名な銘柄の財布を買った場合と同等の量のクレジットポイントが貯まるようになるのです。

 

こういう事例が間接的にクレジットカードを利用した事になるという根拠で、遠まわしに使うクレジットと銘打たれている仕方です。

キャッシングをしてみよう

キャッシング審査をする際に必要なものがあります。絶対必要なものが身分証と印鑑。身分証は免許、住民票、保険証
のどれかがあればOK。あとはシャチハタじゃない印鑑が必要になります。あと審査に通りやすくするために絶対
ではありませんが、あったほうがいいのが収入が証明できるもの。源泉だとか過去三か月の給与明細など、こういう
ものを用意してくださいと言われる前に用意しておくのがベストです。あと事前にできることといえば、公共料金
やクレジットカードの未納滞納があるかどうか確認しておくこと。こういうお金にルーズなかんじも信用問題で
ひっかかってくる可能性が大きいです。確実に融資をしてもらえるように、前もってできることはしっかり考えて
用意しておきましょう。それができてからキャッシングの審査をはじめることが一番大切です。

返済の仕方を組み合わせると良いです

お金を借りると当然のことながら、返済をするわけですが一括払いではなかなか難しいことがあります。
しかし、金利手数料がかかるのもプレッシャーになってしまうという人は、リボ払いと都度払いを組み合わせると良いでしょう。

リボ払いはおなじみの毎月一定額を返済して行く方法ですが、それではお金が少し余っているときには返済ができません。
そこで、多くのカード会社などが採用しているのが通常のリボ払いの金額とは別に任意の額だけ返済ができるという形式です。

その都度お金を払うことで、リボ払いの完済までの期間が短くなりますし、それによって金利手数料の節約ができるようになります。
そして、節約をして返済を進めることが楽しくなっていくので意外と早く返済できてしまいます。